”なんとかなるって”精神で なんとか上海生活楽しんでますψ(`∇´)ψ


by emilin

世界遺産 サグラダ・ファミリア聖堂♪ sanpo

今更過ぎて申し訳ないんですが、、、1月のスペイン旅行記再開します!!
これは自分への宿題だし、記録として残したいので最後までやらせてもらいます(。・ω・。)ノ

1月4日(火) バルセロナ3日目。
a0187943_2003692.jpg

バルセロナと言えば、やっぱりこれを見るのはメインイベントでしょう!!
アントニ・ガウディの代表作、バルセロナのシンボルとなっている【サグラダ・ファミリア聖堂】



a0187943_2082681.jpg

少し陽が傾いてきた頃だと行列もないかな~と思いましたが、それでも30分程並びました。
a0187943_2012967.jpg

冬期と夏期では営業時間が違うそうですが、冬期はこちら。
a0187943_20132376.jpg

チケットにはいくつか種類があって、建物内に入れるだけのチケットや、エレベーターで屋上まで上れるもの。
a0187943_20161353.jpg

私たちが買ったチケットはサグラダ・ファミリアへの入場+グエル公園内にあるガウディ博物館も見れるもの(2人で€29)でした。
a0187943_20213767.jpg

本当は屋上まで上りたかったんですが、その時にはそのチケットが売り切れでして(TωT)
もし階段でも上がれたら絶対に上ってたのにぃ!!!
a0187943_2022649.jpg

鐘楼や屋根のオブジェを近くで見たかったなぁ。。。
a0187943_2025737.jpg

入り口の扉の前で、カメラへポーズをとる姿がかわいい女の子♥
西日の眩しさに、目を開けるのが辛そうでしたが(笑)
この扉一面に書いてある文字も、なにか意味があるんでしょうね。
a0187943_20324727.jpg

「受難のファサード」と言われる、全人類の罪を背負って磔(はりつ)けにされた、キリストの苦しみを表現している入り口から聖堂の中へ。
a0187943_2036467.jpg

入って右手には屋上へ行くエレベーターに乗る人の列がありました。あー羨ましい(T∇T)
a0187943_20471626.jpg

建物の内部はとても明るくて、外観からは想像できなかった幻想的な雰囲気。
a0187943_20515524.jpg

内部が完成したのはつい最近とのことなので、古い教会のような趣は全くありませんが、ガウディの死後80年経つ現在でも、彼の残した設計図などをもとに建設が続けられているということで、見えない時を感じます。
a0187943_20564637.jpg

ガウディは丸天井を支えるために樹木の形をした柱を考案し、殉教のシンボルであるシュロの葉のモチーフで飾られているそうで、聖堂内はまるで森のようです。
a0187943_20591521.jpg

司祭壇は、私が今までに見た教会にはないシンプルな感じ。
外観は世界遺産にふさわしい感じがしたけど、内部は私的にはちょっと感動薄し(爆) 
a0187943_213231.jpg

でも天井の高さは圧巻!!とにかく縦も横もカメラに収まらなかったです(笑)
a0187943_219022.jpg

オーディオガイドを聞いていれば、いろんな部分の説明が聞けておもしろかったのかもね~。
a0187943_21113690.jpg

まだオープンされていなかったこちらの入り口は、「栄光のファサード」。
a0187943_21222943.jpg

最初に入った「受難のファサード」↑は建物の西側。東側は「生誕のファサード」。「栄光ノファサード」が3つのファサードの中で一番重要で壮麗な教会への正面入り口となるそうです。
a0187943_21161081.jpg

”普通の教会”にはない雰囲気がが、内部にはたーっくさん!!
a0187943_21203749.jpg

内部をゆっくり見回った後、東側の「生誕のファサード」を見に外へ。。。
a0187943_22125581.jpg

やっぱり外から見るのが、これぞ【サグラダ・ファミリア】ですね(笑)
a0187943_22271018.jpg

3つのファサードのうち、唯一ガウディの生前に完成した「生誕のファサード」
イエス誕生の喜びを表したもので、イエスの幼少年期の出来事が表現されているとのこと。
a0187943_2233760.jpg

内戦によって損傷を受けたところは、日本人彫刻家の外尾悦郎氏によって修復されたそう。
彼の修復した「天使たちの合唱隊」と名前がついているところは、丁度写真中央の下にある、ステンドガラスがはまってあるところです。

完成まで200年はかかると言われていましたが、入場者数の増加によって2020年頃には工事が終了するとのこと。
鐘楼も今は8本しか完成していませんが、全部で12本になる予定だそう。
1882年から建設が始まってから、完成まであと数年!!!頑張れーヾ(≧∪≦*)ノ〃

さて、次はこの【サグラダ・ファミリア】がどのように作られてきたかを見ることができる、地下にある資料館へと行きます!




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ← ”こんな感じの上海” が伝わっていましたら、ポチッとお願いします♪
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ← 海外生活も楽しそう~!と思われましたら、ポチッとお願いします♪

[PR]
by shanghai-emilin2 | 2011-07-18 22:47 | 2011年スペイン旅行