”なんとかなるって”精神で なんとか上海生活楽しんでますψ(`∇´)ψ


by emilin

サグラダ・ファミリアができるまで・・・♪

1月4日(火) 
世界遺産の【サグラダ・ファミリア聖堂】をじっくりと見た後、地下の資料室へ行きました(^v^)
a0187943_20133341.jpg

この聖堂がどのようにして作られてきたのかが、ここでじっくりと知ることができます。



a0187943_20165332.jpg

ガウディは【サグラダ・ファミリア聖堂】を世界でも例を見ない”完璧な教会”を目指して、当時31歳だった彼が73歳で亡くなるまで、この建設に人生を捧げたそう。
a0187943_202129100.jpg

完成すれば世界でも最大規模の教会となる予定で、収容人数は1万4000人ということでした。
a0187943_20273753.jpg

ちょっと見にくいと思いますが、サグラダ・ファミリア年表です!
現在進行形で作られている世界遺産を見たのは初めてなので、不思議な感じがしました。
a0187943_20315769.jpg

ガウディは鐘の音を完璧なものにする為、音響の研究もしたそう。
a0187943_20393844.jpg

ガウディの建物の特徴ある形は、いろんなところからヒントを得たもの。
a0187943_2042626.jpg

かたつむりの渦巻きは、、、
a0187943_2043094.jpg

屋上のオブジェのヒントに。
a0187943_20442892.jpg

蜂の巣の六角形は、、、
a0187943_2046469.jpg

フェンスの網目に。
a0187943_20524843.jpg

ラベンダーまでヒントになっているなんて!!
a0187943_20535966.jpg

説明書きがあるけれど、なんとなぁ~くしか理解できませんので(爆)写真だけでも楽しめました(≧∀≦)ゞ
a0187943_20563489.jpg

実際に作業をしている部屋は、小さな模型がたーっくさん!!
a0187943_20585895.jpg

世界中から集まったであろう、サグラダ・ファミリアの建設に関わっているスペシャリスト達。
こんな歴史的建造物に携われるなんて、すばらしいですよねーψ(`∇´)ψ
a0187943_2151227.jpg

このパズルのような数字は、「魔方陣」というもので、縦、横 斜め いずれの列も足すと”33”となり、 キリスト様が死んだときの年齢を示すと言われています。

ガウディはこの聖堂を建築するにあたって、キリスト教に関する知識を深めたということなので、きっと意味があるものなんでしょうね。。。
聖堂のいろんな場所にあったそうですが、私は気にもしなかったですわ(^^;)ゞ
a0187943_21165646.jpg

私的には資料室を見てから聖堂を見ればよかったかな~・・・と( ・´ω・`)
やっぱりガイドブックの少しの説明書きでは知識は全然足りないし、たくさんの写真や資料を見た後なら、もっと聖堂を見るポイントが違ったかもです。
a0187943_2121895.jpg

外に出ると、すっかり陽が落ちていました。

バルセロナ滞在3日目にして、ようやく【サグラダ・ファミリア聖堂】を見れましたが、それまで一度も塔の先っちょすら見れなかったのでホッとしました(〃´o`)=3
バルセロナに来てここを見れなかったら、もー発狂モンですからねー(笑)

ちなみに【サグラダ・ファミリア聖堂】は、聖堂内部が完成した2010年に献堂祭が行われ、ローマ法王を迎えてこの建物を神に奉納する儀式を行いました。
ようやく神様が宿ったバシリカ(カトリック大教会堂)となったサグラダ・ファミリアです(≧∇≦)ノ





にほんブログ村 旅行ブログへ← 皆様の旅のお役に立ちそうでしたら、ポチッとお願いします♪

[PR]
by shanghai-emilin2 | 2011-07-20 22:05 | 2011年スペイン旅行